女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

コテでゆるふわ巻き髪!巻き方のコツをご紹介!

ファッション      

rollers-486339_1280

女性の巻き髪の必須アイテム「コテ」ですが、みなさん上手に巻けていますか?髪の長さによって、コテの太さや巻き方は違うんです。ゆるふわ巻き髪が完成しても、キープするのもなかなか難しいですよね。

今回は髪の長さごとのコテを使った巻き方と、巻き髪をキープする方法をご紹介します!




ショートヘアの巻き方

細めのコテを使う事がポイントです。コテの太さは25mmぐらいがおすすめです。

 

最初に髪をコテで、全体的に軽く巻いていきます。巻く部分を束にして手に取り、髪の根元から毛先へとコテを滑らせます。ひと束巻いたら、すぐ隣の束はコテで巻かず、全体のバランスをみましょう。

髪の熱が冷めたら、手ぐしで軽くくしゃくしゃします。根本の方からボリュームを出すようにします。




ミディアムヘアの巻き方

コテの太さは32mmぐらいがおすすめです。

(細かく巻きたい人は、もっと細めでもOKです)

 

最初に髪をコテで、全体的に軽く巻いていきます。髪の束を手に取って、髪の中間辺りにコテを入れて下さい。そのままコテを毛先へと滑らせ、毛先から巻いていきましょう。

巻けたらそのまま15秒くらいキープしましょう。巻き終わったら、髪の熱が冷めてから手で軽くほぐします。



SPONSORD LINK

ロングヘアの巻き方

コテの太さは32~38mmぐらいがおすすめです。

 

ミディアムヘアと同じように、毛先から巻いていきます。少しづつ束にして巻いていきますが、巻いてキープする時間を束ごとに変えましょう。綺麗な巻き髪に仕上がるポイントです。

巻き終わったら、髪の熱が冷めてから手で軽くほぐしましょう。




巻き髪をキープするポイント

巻き方を覚えましたか?次に巻き髪をよりキープする方法をご紹介します。

 

①コテの温度は高ければ高いほど、カール力が高くなります。

家庭用のコテの場合は、最高の温度で使用しましょう。高温なので、やけどには注意して下さい。

 

②コテで髪を巻いたら、そのまま最低15秒キープして下さい。

長めにキープすると、巻き髪が崩れにくくなります。

 

③髪を巻き終わったら、髪の熱が冷めるまでは絶対に触ってはいけません。

熱が冷める前に触ってしまうと、カールがキープされなくなってしまいます。

 

④髪をコテで巻く前に、しっかりと髪は乾かしておきましょう。

髪が湿っていると、巻き方の手順が合っていても上手に巻けません。





コテを使えば簡単にゆるふわ巻き髪を作る事が出来ます。髪の傷みが気になる方は、巻く前に専用のスタイリング剤を使いましょう。巻き方をマスターしたら、編み込みやピンでアレンジしてみましょう!






このブログのランキングは何位?

     

 - ファッション

SPONSORD LINK

  関連記事

バーベキューでの服装イケてる?男の冬コーデ集
毛穴レスの赤ちゃん肌になる方法!!
ネイルを春っぽく!オフィスOKシンプルデザインってこういうこと!!
メンズエステについてフェイシャルメニューと効果は?
桜開花情報IN大阪2015年のお花見はココで決まり!
髪の毛アレンジで誰でも劇的にかわいくなれる!ショートへア編
つけまつげの付け方講座!コツさえ掴めば誰でも簡単!
サンダル×靴下って超かわいい!ベストコーデ発表しちゃいます。
ネイルを春色にチェンジ!指先から春の流行を取り入れよう!!
トレンチコートのベルトの結び方!メンズはコレで決まり!