女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

バーベキューの準備はコレでOK!火おこしのコツは?

豆知識      

barbecue-386602_1280

楽しい楽しいバーベキューですが、準備や火おこしって大変ですよね。そこでバーベキューの際の炭の簡単な着火方法や、上手な火おこしの方法やコツ、注意点についてご紹介したいと思います。

 

バーベキューの火おこし~基本の方法~

①まず最初に軍手をます。

②着火剤と古紙(新聞紙などでok)をバーベキューコンロの中に入れます。(真ん中辺りに)

③②の上に炭を置きます。炭の上に着火剤や古紙を置かないように気を付けて下さい!

④着火剤と古紙に何箇所かに分けて火をつけます。

⑤火が燃えてきたら少し放置し、炎がおさまったらうちわなどで強く扇ぎます。燃えカスが舞いうので、周辺にいる人は要注意です!

⑥炭に火がつくまで頑張って扇いで下さい。

⑦炭が十分に燃焼したら、バーベキューコンロの全体に炭を広げ、新しい炭をその上に置きま   す。

⑧網を置いたら火おこしの準備は完了です!

 

バーベキューの火おこし~バーナーを使って短時間で~

①大きめの炭を3本~5本準備し、バーベキュー用コンロの中に置きます。炭同士の間には、空間を作るようにして下さい。

②バーナーに燃料をセットして、点火して下さい。少し怖いかもしれませんが、しっかり炎を噴出し ましょう!バーナーの取扱いには十分に注意して下さい。

③炭の表面にバーナーの炎を1分程度当てます。炭が赤くなったらうちわなどで強く扇ぎます。

④炭が十分に燃焼したら、バーベキューコンロの全体に炭を広げ、新しい炭をその上に置きます。

⑧網を置いたら火おこしの準備は完了です!


SPONSORD LINK

バーベキューの火おこしのコツ


○火おこしの際に使うライターは、柄の長いタイプの方が安心です。

○古紙は湿っていない、しっかり乾燥した状態の物を使いましょう。

○扇ぐ際に使ううちわは、大きい物の方が比較的楽です。

○バーベキューの火おこしの際はかなり汚れるので、軍手はもちろん、汚れても良いタオルなども 多めに準備しておきましょう。

 

バーベキューの火おこしの注意点

○バーベキューの火おこしをする際は火傷の可能性もあります。

火の取り扱いや、舞った火の粉には十分に注意して下さい!

火おこしをしている人だけでなく、周りの人も注意して下さい。

お子様がいる場合は絶対に近寄らせてはダメです!

○軍手や長袖の服を着て、なるべく肌が露出しないようにしましょう。

○火おこしに慣れていないと時間もかかりますので、バーベキュー開始の1時間前には火おこしの 準備を始めましょう。

○途中で足らなくなると困るので、着火剤や古紙、炭は多めに準備しておきましょう。



火がなかなかつかないと焦ってしまうので、火おこしに慣れていない場合は、やはり着火剤があるととても便利です。ホームセンターなどで手軽に購入できるので、準備する事をおすすめします。楽しいバーベキュー、火傷などに気を付けて楽しんで下さいね!

 
このブログのランキングは何位?

     

 - 豆知識

SPONSORD LINK

  関連記事

秋にぴったりサツマイモご飯レシピ集
渋柿の美味しい食べ方はあるの?!簡単レシピをご紹介!
コテの巻き方を極めて前髪美人になろう!
クリスマスに彼氏送るプレゼント!人気ランキング
年賀状の文例集、一般年賀と宛先別にご紹介します!
栗狩り~おすすめの場所(関東編)~
バーベキューでの服装は男のセンスがでます!秋コーデはクールに決めよう
おススメの栗狩りが出来る場所はココだ!関西編
気をつけるべきマナーやポイント
富士山と河口湖の紅葉を堪能しよう!今がまさに見ごろ!