女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

女性の厄年の出産について

豆知識 , ,      

厄年の時に妊娠や出産をしていいの?という事は、女性にとってとても気になります。厄年は昔から、良くないことが起こる年であるといわれていますが、しかし最近では厄年に出産すると厄払いになるという説もあります。また厄年に出生した子供への厄払いとして、「捨て子」という風習もあります。

厄年についてと、厄年に出産した時の厄除け方法などについてご説明していきます。

 

 

厄年とは

厄年の由来というのは諸説あります。一説では、陰陽道から来ているもので、その年齢になると厄災が降りかかるとされています。

 

「厄」とは元来役割を表すの「役」のことで、古代日本における村などの共同体の中で、重要な役割を担う年齢が丁度厄年にあたる事から、厄年には振る舞いや健康に充分注意しなくてはいけないという意味もあったようです。

平安時代には、すでに厄年という概念があり、現在まで受け継がれてきているのです。

 

男性では4歳、13歳、15歳、25歳、42歳、61歳

女性では4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳

が厄年となります。

こちらは数え年になるので、注意して下さい。

(現在では、生まれた年を0歳、初めての誕生日を迎えた時に1歳と数えますが、数え年は、母の胎内から出たそのときから1歳と数えます。)

そしてこの年の前後を前厄・後厄と言います。

 

19歳は妊娠の準備の為に卵巣の機能が安定し、出産の準備が出来る時期、33歳は妊娠に対する機能が最も高い時期で、出産後も仕事や育児など忙しい時期、37歳は高齢出産に関わる時期と考えられ、妊娠する能力の衰えが現れる年齢でもあります。なので女性の厄年で特に注意が必要なのは19歳、33歳、37歳と言われています。医学的に見て、女性が子供を出産したり育てる為に起こる、大きな体の変化が起こる時期になりますね。
管理人おススメの厄年に関する書籍はこちら
SPONSORD LINK

厄年の出産について

baby-256857_1280

両親のどちらかが厄年の場合、出産は控えた方がいいという風習は昔から各地にあります。それは厄年に出産すると、子供が厄を背負って生まれてくると考えられているようです。しかし現代では厄年に出産する事により、厄を落とすという考えもあります。男の子が生まれた場合は、男の子が厄を追い払ってくれるという説です。(子供は男の子の場合のみと言われています)

 

昔の風習を重んじ厄年は避けるのか、現代の厄を落とすという説を信じるのかは、人それぞれやタイミングもあるので難しいですね。昔からの風習を信じているのに出産と厄年が重なってしまうという場合、「捨て子」という厄払いの風習があります。

 

 

「捨て子」について

厄年に生まれた子供は、捨て子にすれば丈夫に育つという風習です。

昔、男性42歳、女性33歳の大厄に生まれた子供を、形式的に捨てるという儀式がありました。地域によって異なりまして、男性の大厄に生まれた男の子と、女子の大厄に生まれた女の子の場合に「捨て子」の儀式は行われる所もあったそうです。

 

「捨て子」の方法ですが、まず赤ちゃんを籠に入れて、神社の前に形式的に捨てます。両親は決して振り返らず、にその場を立ち去ります。その後、予め依頼をしておいた「拾い親」の役の人が、箒でちりとりに入れる真似の儀式を行い、赤ちゃんを自分の家に連れて帰ります。そして次の日に祝い餅などを持ち、赤ちゃんに晴れ着を着せ、両親の元へ送り届けて終了です。

 

簡単な儀式にはなりますが、生まれたばかりの可愛い我が子と一晩離れるのは、大変悲しく辛いかとは思います。

しかし昔から行われている儀式なので、気になる方は、ご近所の神社などで相談してみると良いかもしれません。


このブログのランキングは何位?

     

 - 豆知識 , ,

SPONSORD LINK

  関連記事

地震が起きた際の安全な行動について
妊娠中に食べてはいけない食べ物ってあるの?
魚を冷凍保存して長期間楽しもう! 魚料理のいいところ
2015年春 スプリングコート レディースコーディネートはコレ!
枕の高さと肩こりは関係があった?!枕を選ぶポイントは?
コレは便利!つっぱり棒de収納!!
ガーデニングで自宅の庭をステキにリフォームしましょ♡
オールナイトニッポン 周波数は? 放送時間は?
ホワイトディのお返しランキング☆義理チョコへお返しはセンスが大事!
秩父郡長瀞は人気紅葉スポット!見ごろ情報をお届け