女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

女性の厄年について。厄年に出産していいの?

豆知識 , ,      

女性の人生には厄年が3回くると言われています。(諸説あります。また地域によって違います)

それは何歳の時で、なぜその年が厄年といわれるのでしょうか?男性はもちろん、女性にとっても厄年と聞くと、該当する1年間すっと悪い事が起きそうな気がしますよね。そんな厄年に出産してもいいのでしょうか?

mother-84628_1280

女性の厄年っている?そもそも厄年って何??

厄年とは、古くは平安時代から伝わる日本の風習です。諸説ありますが、厄年は、呪術の陰陽道という教えからの考えが元とされています。平安時代から、厄年には災いが起こりやすいとされていて、女性ならその年に出産など大きな出来事は注意するように現代まで言い伝わっています。また厄年は、男性と女性で年が対象の年が違います。数え年で考えるのも特徴です。

女性の厄年は、19歳・33歳・37歳です。

厄年の特徴 数え年ってどういう考え方?

厄年は数え年で考えますといいますが・・数え年ってどんな数え方なのでしょうか?数え年とは、0歳の概念がない考え方です。お母さんのお腹にいる時が0歳という考え方なので、産れた時は1歳になります。また、元旦に一斉に年を重ねるという数え方も特徴です。現代の考え方を随分違いますよね。

以上の事から 、女性の厄年は数え年で 19歳 ・ 33歳 ・ 37歳 と世の中で言われていても、現代の実年齢で考えると女性の厄年は20歳・34歳.38歳です。

SPONSORD LINK

女性の厄年:19歳(実年齢20歳)は何故厄年なの?

厄年は、人生の大きな役割を担う年とイコールとされています。昔は、19歳(実年齢20歳)で出産するのが多かったと言われています。19歳(実年齢20歳)になると、体も卵巣機能も安定し、妊娠環境が整ったのでいつ妊娠しても大丈夫な時期に差し掛かってきました。人生の一大事、出産を経験するのに適した年齢になってきたという事です。

但し、女性にとって出産は命がけの大仕事。昔は医療技術も今ほど発展していないのでなおさらです。出産で命を落とす事も・・。19歳(実年齢20歳)は、出産という命がけの大仕事をする女性が多かった事から厄年の始まりになったのではないかと考えられています。

女性の厄年:33歳(実年齢34歳)は何故厄年なの?

33歳(実年齢34歳)は女性の厄年の中でも大厄と言われています。多くの女性が出産を経験し、妊娠機能もピークを迎える時期です。また、今も昔も33歳(実年齢34歳)の女性は子育てに忙しい時期でもあります。心身共に変化がみられる時期でもあるのです。

これは、最近の医学的な話になりますが、33歳(実年齢34歳)女性特有のガン(乳がんなど)の発がん率が高いそうです。そんな医学的な情報がない時期から、33歳(実年齢34歳)を女性の厄年にしているということは、昔から女性はこの時期に体調の変化があると感覚的に感じていたのですね。



 

女性の厄年:37歳(実年齢38歳)は何故厄年なの?

女性は30代に2回厄年がきます。最後の厄年は、37歳(実年齢38歳)です。37歳(実年齢38歳)の女性は、体力が落ちてきて、出産するにしても高齢出産の扱いになります。今の37歳(実年齢38歳)は、見た目にはとても若くてきれいな方が多いし、現代では37歳(実年齢38歳)で出産も珍しくありません。

しかし、体の内部のみに目をむけると33歳(実年齢34歳)で妊娠機能がピークを迎えている事を考えると、体力的な衰えを認めざるおえません。女性にとって、体力の衰えを感じる時期に差し掛かるので、37歳(実年齢38歳)を厄年にしたと考えられています。
管理人おススメの厄除けパワーストーンはこちら

女性が厄年の年に出産してもいいの?

そもそも厄年は、人生の大きな役割を担う時期に設定されています。

昔は厄年に出産や子育てなど女性ならではの重大な役割を担う年齢が19歳・33歳・37歳が多かったそうです。そこで、注意するように言い伝えわれたと考えられますし、設定された年齢に科学的な根拠はありません。

その事から、厄年だからといって出産を怖がったり、躊躇することがありません。今では、厄年に出産すると厄落としになるという地域もあります。このように、結局厄年は科学的根拠がないので、考え方次第でいいようにも悪いようにも考えられるのです。

女性の厄年は、1年中災いが起こりやすいというのではなく、厄年の年齢は出産など心身ともに変化が起こる時期という事です。女性にとって(もちろん男性にとっても)出産は人生で最大を言ってもいいくらい喜ばしい事です。

女性の厄年の年齢であっても、安心して出産してください。
このブログのランキングは何位?

     

 - 豆知識 , ,

SPONSORD LINK

  関連記事

秋の味覚!栗ご飯の作り方
節分のいわし&ひいらぎを飾るタイミングって?処分は?
いざ鎌倉へ!長谷寺の紅葉の見ごろとおすすめスポット案内
渋柿の美味しい食べ方はあるの?!簡単レシピをご紹介!
ルイボスティーを飲むと妊娠しやすい体になる?
ガーデニングでおしゃれでキュートなお庭を造っちゃおう!
旅行の持ち物 便利グッツベスト3!発表します!!
草津へ行こう!紅葉スポットと見ごろ情報をご紹介!
都民の日に、チケットが割引になる施設をご紹介
メンズエステ脱毛!ひげの料金の相場や注意点は?