女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

ノーベル文学賞作品 歴代受賞作品

豆知識      

ノーベル文学賞作品 歴代受賞作品

cup-339945_1280

1901シュリー・プリュドム 「De l’expression dans les beaux-arts」

1902T・モムゼン 「ローマ史」

1903B・ビョルンソン 古代北欧歌謡の研究

1904J・エチェガライ 技巧的で大衆性のある作品群 F・ミストラル フェリブリージュ運動を推進

1905H・シェンキエビチ ロシア占領下の国民鼓舞の作品群

1906G・カルドゥッチ 「新韻集」と「擬古詩集」により

1907J・R・キップリング 「ジャングルブック」「キム」

1908R・オイケン 自然科学的唯物論・実証主義の批判

1909S・O・L・ラーゲルレープ 「ニルスのふしぎな旅」

1910P・ハイゼ 擬古典的なミュンヘン派文学の代表

1911M・メーテルリンク 「白蟻の生活」等すべて

1912G・ハウプトマン 独自の宗教観を出した作品群

1913R・タゴール 「ギーターンジャリ」

1914受賞者なし

SPONSORD LINK


 

1915R・ロラン フランス 大河小説の評価

1916C・G・V・ヘイデンスタム 「カロリーネナ」

1917K・ギェレルプ 精神的彷徨と仏教思想による表現

H・ポントピダン デンマーク国民性を悲観的に描写

1918受賞者なし

1919C・シュピッテラー 古い叙事詩形式に哲学的宇宙観を導入

1920K・ハムスン 北国開拓者の孤独な生活を壮麗に表現

1921A・フランス 「現代史」「神々は渇く」

1922M・J・ベナベンテ 20世紀スペイン劇壇の水準を高める

1923W・B・イェーツ アイルランド文学に対する功績

1924W・S・レーモント 農村文学の発展

1925G・B・ショー自分の主義主張を論争的に盛込む手法

1926G・デレッダ ベリズモ文学の代表的作家

1927受賞者なし

1928S・ウンセット 中世ノルウェーを舞台にした歴史小説

H・I・ベルグソン 反主知主義・反機械論・非決定論

1929T・マン 「魔の山」

1930H・S・ルイス「ドッズワース」

1931E・A・カールフェルト スウェーデンの新ロマン派代表詩人

1932J・ゴールズワージー イギリス社会変貌を表現した風俗小説

1933I・ブーニン 「アルセーニエフの青春」

1934L・ピランデロ20世紀演劇を革命的に変革

1935受賞者なし

1936E・G・オニール アメリカ演劇の芸術性を高めた

1937R・マルタン・デュ・ガール 「1914年の夏」

1938P・バック 中国関係作品群

1939F・E・シッランバー 限定社会での多様な人間関係を表現

1940受賞者なし

1941受賞者なし

1942受賞者なし

1943受賞者なし

1944J・V・イェンセン 人間の無限の進化を期待した文学

1945G・ミストラルラテンアメリカ文学の発展

1946H・ヘッセ 「ガラス玉遊戯」

1947A・ジッド ドストエフスキーの研究と純粋小説

1948T・S・エリオット 宗教的主題を世俗的設定の中に描く

1949W・C・フォークナー 南部の歴史中に現代人の苦悩等を表現

1950B・A・W・ラッセル 社会評論

1951P・F・ラーゲルクヴィスト 「バラバ」

1952F・C・モーリヤック 「失われしもの」

1953W・L・S・チャーチル 「第二次世界大戦」

1954E・M・ヘミングウェイ 「老人と海」

1955H・K・ラクスネス 「アイスランドの鐘」

1956J・R・ヒメネス 装飾を排して事物の本質を描く作品群

1957A・カミュ 「異邦人」

1958B・パステルナーク 「ドクトル・ジバコ」

1959S・クアジモード 惨苦に満ちた状況を直視した詩作

1960S・ベルス フランス 現代世界を幻想的に反映した作品群

1961I・アンドリッチ 自国史の主題と運命の叙事詩的力量

1962J・E・スタインベック 「エデンの東」

1963G・セフェリスギリシア 重層的で象徴性に富んだ作品群

1964J・P・サルトル 自由の精神と真実の追求の功績

1965M・ショーロホフ ソビエト文学の発展に貢献

1966S・Y・アグノンユダヤ人の宗教観・内面心理を叙述

N・ザックス イスラエル ユダヤ思想と象徴的手法を結びつける

1967M・A・アストゥリアス ラテンアメリカ文学の原型たる作品群

1968川端 康成 「雪国」

1969S・B・ベケット 現代人の精神的苦境を深く表現

1970A・I・ソルジェニーツィン 国民中に熟した考えを表現

1971P・ネルーダ 民族闘争を主題とした叙事詩の作品

1972H・T・ベル 純粋な時代批判をつづけた作品群

1973P・ホワイト オーストラリア文学の近代化に寄与

1974H・マーティンソン 作品「いらくさの咲くころ」等

E・ヨーンソン スウェーデン 鋭い心理的洞察力の作品群

1975E・モンタレーイタリア詩壇エルメディズモの立役者

1976S・ベロー ユダヤ系文学をアメリカ文学の主流に

1977V・アレイクサンドレ 1927年世代の代表として

1978I・B・シンガー ポーランド在のユダヤ人社会生活を描く

1979O・エリティスギリシア詩全体の名誉を高める

1980C・ミウォシュ祖国を追放された人間の世界を描く

1981E・カネッティ第一次大戦後の群衆の研究

1982G・ガルシア・マルケス ラテン・アメリカ文学の発展

1983W・ゴールディング イギリス的倫理性をからめた小説世界

1984J・サイフェルト チェコの叙情詩の伝説をうまえた作風

1985C・シモン 人間の条件の中に深い時代洞察を表現

1986W・ジョインカアフリカの政治的混沌を主題とした作品

1987J・ブロッキー抒情詩に純粋な詩的世界を形成

1988N・マフフーズアラビア語による物語芸術

1989C・J・セラ フランコ時代の発禁作家に活動の場

1990O・パス 鋭い知性とヒューマニスティックな作品群

1991N・ゴーディマアパルトヘイト文学の発展

1992D・ウォルコット カリブ海諸国の風土・歴史の詩作等

1993T・モリソン アメリカの現実の重用側面に生気を与える

1994大江 健三郎 生活と神話の凝縮したイメージ世界表現

1995S・J・ヒーニー 漂泊せざるを得ない現代人の不安表現

1996W・シンボルスカ 現実の小さな断片を浮き彫りにした作風

1997D・フォ 笑いと厳粛さを調和させた作品群

1998J・サラマーゴ想像・憐れみ・アイロニーを用いた寓話

1999G・W・グラスイデオロギーから解放されたドイツを表現

2000高 行健 中国文学の劇作における貢献

2001V・S・ナイポール イスラム教と人々の意識を探る作品群

2002I・ケルテース歴史の野蛮な専横に対する表現

2003J・M・クッツェー アウトサイダーを描いた作品群

2004E・イェリネク「ピアニスト」

2005H・ピンター 不条理演劇の発展

2006O・パムク 「白い城」

2007D・M・レッシング 女性の経験を叙事詩的に描く

2008J=M・G・L・クレジオ 欧州文化に批判的な作品群

2009H.ミュラー ソ連占領下ルーマニアのドイツ系迫害主題の作品

2010年 マリオ・バルガス・リョサ 『都会と犬ども』

2011年 トーマス・トランストロンメル 17編の詩

2012年 莫言 白檀の刑

2013年 アリス・マンロー 『木星の月』

2014年 パトリック・モディアノ 暗いブティック通り
このブログのランキングは何位?

     

 - 豆知識

SPONSORD LINK

  関連記事

箱根駅伝もうすぐ開催にあたっての交通規制についての注意
気をつけるべきマナーやポイント
箱根にある芦ノ湖での紅葉の見ごろ時期は?おすすめコースのご紹介
地震が起きる前兆を捉えて、本当に予知できる?
深まる秋。この季節庭や公園で楽しめる花は?どこで見られるの?
新入社員が歓送迎会でいう挨拶には何を盛り込めば良いか。
歓送迎会の挨拶頼まれた方必見!乾杯のスピーチ例!
敬老の日に感謝を込めてプレゼントを贈ろう!~孫編~
歓迎会でのあいさつ-長さ・時間はどのくらいが適当か
秋に咲く花「サルビア・レウカンサ」が見られる場所のご紹介