女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

バターとマーガリンの違いについて

豆知識 , ,      

普段バターはクッキーなどのお菓子作りにかかせないものですね。じゃがバターや醤油バターパスタなどのおかずを作る時にも使いますね。

マーガリンはトーストに塗るのがメインでバターが無かった時の代用みたいな感じです。実際にバターが無い時とマーガリンが無い時ではバターが無い時のほうが困ることが多いかもしれません。

しかし調べてみると現在52種類のマーガリンが販売されているみたいです。こんなに多くの種類があるとはしりませんでしたので驚きです。

ではバターとマーガリンは何が違うのでしょうか?

 

 

バターについて

バターは味が濃厚で固くて日持ちするイメージです。マーガリンはさっぱりしていて、柔らかくてなるべく早く消費するイメージです。何が違うのか詳しく調べてみます。

butter-186909_1280

SPONSORD LINK


外観は両方似ていますが中身にいろいろな違いがあるみたいです。原料、作り方、栄養面、風味など違うそうです。

バターですが原料は 牛乳、牛乳の脂肪分だけで作られているようです。作り方は牛乳をかくはんして脂肪を固めてつくるようです。

栄養面はビタミンAが豊富に入っていてコレステロールはマーガリンの40倍みたいです。風味はとても優れていてお菓子作りにはかかせないもののようです。

 

マーガリンについて

マーガリンは原料が大豆油、コーン油、ひまわり油など 植物性の油から作られていているようです。

作り方は植物油に水やビタミン等を混ぜ合わせて 作られているようです。

栄養面はナトリウムがバターの50倍入っているのですね。風味はあっさした味わいがあるようです。

 

調べてみると違うところが 思っていたよりたくさんありますね。
管理人オススメのマーガリンはこちら

まとめ

マーガリンは人工的に作られている感じですので、風味等いろんな種類のものを作ることができるようなので、今までそんなに気にしていませんでしたが、スーバーに行って変わった風味の商品を購入したいなと思いました。

トーストに塗るマーガリンはいつも同じものなので風味が違えば毎朝食べる時も楽しくなりそうです。

バターとマーガリンの作り方の違いもかなり違っているのは知りませんでした。バターのほうが行程としては簡単そうですね。マーガリンは複雑な感じがしましたがどちらも同じかなと思っていましたので驚きです。



調べているときにマーガリンの中に入っているトランス脂肪酸という成分が体に悪いような記事がありました。とりすぎると病気になるというのです。ただトーストに塗るのはマーガリンのほうが塗りやすいし味も好きなので困りますね。

このことにトランス脂肪酸についてももう少し調べたほうがいいようです。
このブログのランキングは何位?

     

 - 豆知識 , ,

SPONSORD LINK

  関連記事

バーベキューの準備!必要な物リストがあれば安心です!
大相撲のチケットの購入方法は?座席と料金が知りたい!
ニキビ・肌荒れバイバイ!原因が分かることが完治への近道です
国営武蔵丘陵森林公園の「紅葉見ナイト」は、見ないと損!
桜開花情報・京都2015編!おすすめスポットをご紹介!
恵方巻きの方向はどうやって決めるか知っていますか?
卒業旅行はやっぱり国内。2015年人気のスポットはココだ!
秋の味覚!栗ご飯の作り方
エアコンの電気代を抑えたい!冷房効率を良くするには?
秋に咲く花「サルビア・レウカンサ」が見られる場所のご紹介