女の子が気になるファッション・美容・グルメ・レジャー・恋愛情報をまとめてみました

地震対策!保険加入の必要性をお金から考えよう!

豆知識      

insurance-451288_1280

昨今は世界中で大きな地震が頻発しています。日本でも東日本大震災によって多くの被害が出てしまいました。その影響か、大地震以降今まで火災保険にしか加入していなかった家庭が、そくぞくと地震保険に加入しています。地震は怖いから保険は気になるけどお金が出ていくのも大変、という方のために、地震保険に加入した時に関係するお金はどのようなものかをまとめました。

1.地震保険と火災保険の保険金額

まず「保険金」というのは、火災、自然災害などが原因で建物に被害が出てしまった際に払いだされるお金のことです。生命保険の場合は、その方に万一の事が合った時に払いだされるお金です。ドラマで「保険金殺人」なんてフレーズが出てきたりしますね。フレーズは似ているのですが、毎月だったり毎年だったり保険会社に納めるお金のことは「保険料」といいます(共済の場合は「掛金」)。混乱しないように注意しましょう。

SPONSORD LINK


火災保険の保険金額は建物の面積、素材、経過年数(建築価格の場合もあり)によって決められます。一軒一軒保険金額は異なりますので、これは見積もりを保険会社に取ってもらうしかありません。また、家財の保障の方は世帯人数、各年齢も金額に関わってきます。

ここで注意したいのが、保険料を安く抑えようとして一部加入するのはやめた方がよいということです。たとえば建物の評価額が3000万円なのに、お金をけちって1500万円分しか加入しないとします。すると被害があった時に建物を再建する資金が全く足りない状態になってしまいます。それでは万一のための保険なのに本末転倒です。保険は満額加入が基本ということは覚えておきましょう。

それでは地震保険の保険金額はどうかというと、火災保険の30~50%、上限額は建物が5000万円、家財が1000万円となっています。これは地震が起こる際には広範囲で大きな被害が起こるため、保険会社と国が力を合わせても、満額保障するお金を確保するのが難しいからです。

地震保険加入の際には火災保険加入が必須となりますので、火災保険基準で保険金額が設定されることになります。

2.掛け捨て型と積み立て型 保険料の違い

火災保険には掛け捨て型積み立て型があります。

掛け捨て型は保険料が断然安く済みますが、払った分はかえってきません。積み立て型は貯蓄機能があるため、期間中何事もなければ満期にお金がある程度戻ってきます。ただし貯金も兼ねているので、保険料は当然高くなります。

とにかく補償は付けたいけど安く済ませたい方には掛け捨て型、お金に余裕がある方には積み立て型がおススメです。地震保険は火災保険とセットなので、掛け捨てか積み立てかは火災保険で調整しましょう。また保険料の違いとして、火災保険よりも地震保険の方が圧倒的に保険料が高いです。これは地震保険加入者の数は火災保険に比べてとても少ない(20~25%ほど)のが原因です。

 


3.地震保険料控除


地震保険は保険料が高いと書きましたが、それに対しての控除が設定されています。

内容は「年間の地震保険料が5万円を超える場合、所得税から5万円まで控除、住民税から2万5千円まで控除。保険料が5万円以下の場合は所得税から保険料分全額控除、住民税から保険料支払額の半額控除。」というものです。

実際に計算すると、年間5万円地震保険料を支払っている方は、7500円も年間でお金が戻ってくることになります(所得税率が10%とした場合)。地震保険料控除をうまく利用することで、保険料の負担を軽減することができます。日本に住む以上地震の危険からは逃れられません。もしもの場合に備えて、無理のない範囲で保険に加入しておきましょう!
このブログのランキングは何位?

     

 - 豆知識

SPONSORD LINK

  関連記事

中国の国慶節は何月何日?2014年と2015年の休みの日はいつ?
知ってる?エリアメールの仕組みと登録方法
へ~!そうだったのか!スーパームーンと満月の違いはコレ!
産後の抜け毛の原因追究!対策を考えます。
謝恩会で盛り上がる出し物はコレだ!小学校編
秋を感じる季節の言葉で、素敵な時候の挨拶をしよう!
エリアメールの通知を消す方法(ドコモVER)
2014年はスーパームーンの当たり年!とっておきスーパームーン画像集
ベストジーニストの投票方法は?どうやって選考されるの?
歓送迎会の挨拶頼まれた方必見!乾杯のスピーチ例!